フリーランスにとって確定申告の知識は大切です


フリーランスと会社員との一番の違いは税金の納め方です。
日本で暮らしている人は所得税を納める義務がありますが、基本的に会社員は税金関係のことはすべて会社が処理してくれます。



年末になりますと年末調整という手続きをしますが、これは正確な所得税を確定するための手続きです。
しかし、フリーランスはそうではありません。
所得税の計算は自分で計算する必要があります。

この所得税の計算をして税金を納めることを確定申告といいますが、フリーランスは毎年2月の中旬から3月の中旬にかけて前年の収入について確定申告をする義務を負っています。
そして、確定申告をするにはそれなりの勉強をすることが必要です。
法律はときに変わることがありますので、そうした知識もきちんと身につけていなければ正しい確定申告はできません。

フリーランス情報をお探しですか。

確定申告には白色申告と青色申告があります。

簡単に言ってしまいますと、きちんと正確に帳簿をつける必要があるのが青色申告で簡単に済むのが白色申告です。このように青色申告のほうが手間がかかるのですが、その分特典もあります。


それは青色申告控除という所得を減らして税金を安くすることができることです。

All Aboutの情報をお知らせいたします。

そのほかにも妻に専従者として給与を支払うことができることもあります。妻に給与を支払うとどんなメリットがあるかといいますと、自分の収入を減らし課税所得金額を減らすことです。
課税所得金額が減るのですから税金も安くなることになります。

フリーランスの人の中には帳簿をつけたり経費の管理をすることを面倒に思い、白色申告をする人がいます。


しかし、手間を厭わずにきちんと帳簿類を整理をしているなら税金が安くなるのですからこの特典は利用したほうが得です。